精密な機械式時計には入念なお手入れが必要!

機械式時計の金属ブレス部分のお手入れ方法とは?

機械式時計を付けていて、最も消耗してしまう部分が金属ブレス部分ですよね。特に一日中手首に時計を巻いている人にとっては、その消耗のスピードもかなり早いでしょう。主に汚れてしまう原因として挙げられるのは、手の汗やタバコの煙が原因なんですよ。タオル等は利用せずに、柔らかいウェットティッシュを利用する事により効果的に汚れが除去できて、本体に傷を付ける心配もなくなりますね。防水タイプの物であれば水洗いをすることによっても汚れが落とせますのでお手軽にお手入れができますよ。


お手入れの時はシール等を剥がすべき?

機械式時計をお手入れするに当たって悩む事が多い点に、主に裏面に付けているシールを剥がしてお手入れをするか否かがありますね。これに関しては、きっちりと汚れを取りたいのならばシールを剥がす方が無難です。手で無理やり剥がしてしまうと時計本体に傷が付いてしまう可能性がありますので、市販のシール剥がしを利用すると良いでしょう。機械式時計のほとんどは金属でできていますので、錆びを防止したいなら始めからシールを使用しない事も検討すると良いと言えますね。


革ベルトや風防ガラスのお手入れ方法は?

革ベルトは汗が最も染み込みやすい部分ですので、毎日のお手入れが大切ですよ。汚れの状態がそこまで酷くない場合には布で拭うだけで十分ですが、汚れが酷い場合にはクレンジングオイルを利用したお手入れが推奨されるでしょう。また、風防ガラスについても毎日布で拭き、汚れがたまりやすいフチの部分はハブラシを利用して優しく汚れを落としましょう。プラスティックの風防を利用している方でしたら研磨剤を利用して本体を磨くことで、傷を目立たなくしてくれる効果もあるので嬉しいですね。



ウブロはF1にも出資していて、協賛チームのドライバーは同社の腕時計を着けてF1レースに参戦しています。