時計というものについていろいろと考えてみれば

時間とはそもそも何のことなのでしょうか?

時計というのは、時間を知るためのものですが、考えてみればこの時間とは、そもそも何のことなのでしょうか。そこで考えてみるに、元々、時間というものは、天体の動きから逆算して時の流れを区分したもの、ということがわかります。つまり、地球が太陽の周りを一周する一公転を一年とし、地球自身が一回りする一自転を一日、としたからです。こうして、一年と一日という時の概念が作られて、後はこの一年と一日の間に、春夏秋冬という四季と、一年を12分した月と、さらにはその月を7日の周期とした週、といった概念が作られたというわけです。


カレンダーの誕生と時間という概念の定着

こうして、一年、四季、月、週、一日という、時を区分する概念が形作られたことで、暦(カレンダー)というものが生まれたわけなのです。ここからさらに、一日を12当分した「時(間)」という概念が生まれ、そこからさらに、一時間を60等分して「分」が、そして一分を60等分して「秒」が、というように、厳密に時を区分する規約が作られて、時間という概念が人間社会に定着することとなったのでした。そして、この時間というものを計測するために作られたものが、時計というものだったわけです。


時間を計測するための時計というもの

この時間を計測するための時計も、当初は太陽の光の照射で時を図る日時計、といった自然力に依存したものであったのが、ぜんまい仕掛けで一定の速度で針が動くことで、正確に時間を計測できるもの、という機械仕掛けによるものとなり、それが現代では電気仕掛けや電子回路によるもの、となっているわけです。このように、今ではこの時計が知らせてくれる時間というものを、ごく当り前のものとして受け止めているわけなのですが、この時間の原点とは、太陽と地球という天体の動きにあるということが、意外に忘れられているのではないでしょうか。



シャネルの時計とは、質感の良さや高級感によって、世界中に多くのファンがいる洗練されたおしゃれな時計です。