意外と知らなかった!?「屋形船」の歴史!

「屋形船」のはじまり

「屋形船」という言葉を聞くと、どういったことを思い浮かべるでしょうか。きっと多くの人が時代劇のワンシーンを思い浮かべるのではないでしょうか。ですので、もしかしたら「屋形船」は江戸時代からはじまったのではないか、と思っている人もいるかもしれません。ですが、「屋形船」の歴史は古く、そのはじまりは平安時代にまで遡ります。平安時代の「屋形船」は貴族の間で利用され、船の上で雅な風景を眺めながら酒宴が開かれていました。そして、貴族らしく楽器を演奏したり、和歌や漢詩を詠んだりしていたんですよ。


江戸時代に花開いた「屋形船」文化

江戸時代は、「屋形船」文化が花開いた時代です。大名や裕福な商人はもちろんですが、庶民までもが船遊びに興じていたんですよ。これには、主に2つの理由があります。1つは、江戸の水上交通が発達していたこと。もう1つは、江戸時代が太平の世であったことです。「屋形船」は、大阪や京都にもありましたが、その中心は江戸でした。そして、隅田川や荒川といった河川が整備されていくにつれて、「屋形船」文化も発展していったんですよ。また、江戸時代は太平の世であったため、人々が文化を楽しむ余裕も出てきました。その結果、多くの人が花見や月見、花火見物などのために「屋形船」を利用するようになったんですよ。


近代から現代にかけての「屋形船」

江戸時代以降も、明治・大正・昭和初期と「屋形船」は人々に愛されてきました。ですが、太平洋戦争を機に「屋形船」文化は暗黒時代に突入します。太平洋戦争がはじまったことで、「屋形船」に興じる余裕はなくなってしまったんですね。戦後も水質汚染や護岸工事による風景の変化が原因で、「屋形船」文化は衰退を続けます。ですが、水質汚染が改善されはじめたことや、バブル期に「屋形船」が大人の贅沢な遊びとして注目を集めたことが理由で、「屋形船」文化は再び活気付いてきました。そして、現在でも「屋形船」文化は、東京の河川を中心に賑わいを見せていますよ。



友達や親戚など、仲がいい人たちと食事を楽しみたいなら、屋形船がおすすめです。岸辺の風景も堪能できます。