自分で手軽にできる!機械式時計のお手入れ術

本体の素材がステンレスの場合

時計に使われている素材は様々なものがあるのですが、それらの中でもステンレス製のものは汚れが表面に残ってしまう事が多々ありますよね。そこでこのような汚れを取る方法として、ブレスレット部分をぬるま湯に浸けて10分位から20分位放置しておくといいですよ。こうすることで汚れを拭き取るときに、汚れ自体が柔らかくなるので落としやすくなります。また、汚れを取るときには歯ブラシを使って綺麗に掃除すると、隙間の部分にある汚れも綺麗に取ることが出来ますよ。


革ベルトはどうすればいいのか

時計のベルト部分にはレザーを使っているものありますが、このようなものは特に夏場など汗を吸収してしまい、汚れてしまうので定期的にメンテナンスする必要があります。汗をかいた時にはそのまま放置せずに、吸水性の良いタオルなどで軽く服用にするといいですよ。もし、それでも汚れが落ちない程ひどい状態なら、石鹸水を洗面器の中に入れて、この中にレザーベルトを一晩浸けておくといいです。ただし、レザーを乾かすときは、日陰で自然乾燥させるようにしましょう。


コンパウンドで傷を目立たないようにできる

ステンレス製の機械式時計を長期間使っていると、どうしても擦り傷等が出来てしまいますよね。これはそのままにしておくと見栄えも悪いので、コンパウンドを使って傷を目立たないようにするといいですよ。コンパウンドは柔らかい布につけて、本体を磨くことになりますが使う布は表面がつるつるしているものを利用するといいでしょう。生地が荒いと逆に傷が入ってしまう場合があるので、なるべく表面が細かいものを選択しておくといいでしょう。



ショパールはスイスで1860年に設立された時計と宝飾品のブランドで、ドイツのプフォルツハイムには工房が存在します。